正社員からフリーランスへ!営業相手を見つけて活躍

どっちが有利?正社員とフリーランスの違い

おすすめ記事

正社員とフリーランスの違いとは?

正社員とフリーランスの違い、それぞれの良いところと悪いところをわかりやすくご紹介するサイトです。【本サイトお問い合わせ先】

営業相手はどう見つける?

仕事をもらうためには営業が欠かせないのは、正社員もフリーランスも同じです。ただ、飛び込みの営業が通用するのは、企業の看板を背負っている正社員の方であって、後ろ盾のないフリーランスには不向きです。では、フリーランスとして活躍している人達はどのようにして営業しているのかというと、ほとんどが紹介で成り立っているケースが多いのです。正社員時代の人脈や友人知人などから徐々に顧客を増やし、顧客からまた別の顧客を紹介してもらううちに、人脈はどんどん広がるので、一軒ずつ営業に回らなくても仕事は入ってくるようになります。しかし、フリーランスになる人の中には、さほどの人脈を持たないまま事業を運営して成功している人もいます。それらの人々が仕事を増やすために利用しているのが、セミナーやクラウドソーシング、エージェントなどのサービスです。

営業相手はどう見つける?

セミナーや交流会に参加する

どの業種においても、多くの人が集まるセミナーや交流会への参加は、人脈づくりに大きく影響します。特にフリーランスの場合は、後ろ盾がない分、同業者やクライアントが集まる場へ積極的に参加し交流を試みることで、新たなビジネスチャンスが掴めるかもしれません。もし、セミナーや交流会を探すなら、専門サイトの「こくちーずプロ」がおすすめです。会員登録は無料で、サイト内からさまざまな業種のセミナー情報を検索することができます。開催場所へ出向く場合は地域ごとに、またオンラインでのセミナーはツールごとにカテゴリー分けされているので、欲しい情報を探しやすいのも魅力です。

こくちーずはこちらへ

クラウドソーシングで腕試し

近年よくその名を耳にするようになったクラウドソーシングは、人脈を持たないフリーランスが案件を受注し、実績を積んでいくために活用できる便利なサービスです。「クラウドワークス」は、日本最大級の規模のクラウドソーシングで、サイト内で会員同士が仕事の受発注を簡単に行うことができるシステムになっています。案件は様々なジャンルから選ぶことができるので、フリーランスになったらぜひチェックしておきたいサービスです。

クラウドワークスはこちらへ

高報酬の案件探しはエージェントがおすすめ

フリーランスとして本腰を入れて活動したい人は、エージェントを活用しましょう。IT系の案件を扱う専門エージェントはいくつもありますが、「レバテックフリーランス」は業界大手ということもあって好評です。高単価の案件を数多く紹介した実績もあり、人脈のないフリーランスでも営業せずに良い案件を紹介してもらえるというメリットがあります。

レバテックフリーランスはこちらへ

コンサルタント専門エージェント

コンサルタントの仕事を飛び込み営業で探すのは現実的にかなり難しいものがありますが、コンサルティング案件を専門に扱うエージェントの「PMO NAVI-PMOナビ」の会員になれば、自分のスキルや希望に合った案件を紹介してもらうことができるので、営業をしなくても安定的にフリーランスのコンサルタントとして活動することができます。

PMO NAVI-PMOナビはこちらへ

当サイトおすすめ記事