正社員との違いは?フリーランスの良いところ悪いところ

どっちが有利?正社員とフリーランスの違い

おすすめ記事

正社員とフリーランスの違いとは?

正社員とフリーランスの違い、それぞれの良いところと悪いところをわかりやすくご紹介するサイトです。【本サイトお問い合わせ先】

フリーランスの良いところ悪いところ

正社員かフリーランスかという選択をする前に、双方の違いをしっかりと理解しておくことは後々のことを考えるととても重要です。正社員として働いている人の中には、自由なイメージのあるフリーランスにあこがれている人も大勢いますが、フリーランスという働き方には悪いところももちろんあるので、本気でフリーランスを考えたいならば、メリットだけでなくデメリットにもしっかり目を向けておくようにしましょう。

フリーランスの良いところ悪いところ

フリーランスのメリット

フリーランスのメリットの筆頭としてよく言われるのが自由度の高さです。フリーランスはいわば社長兼社員なので、何もかも自分の裁量で決定を下す自由があります。いつどこで何をするのかのスケジューリングを行うのも自分自身なので、自分の生活スタイルを自由に築くことができます。職場には上司も同僚もいないので、人間関係で悩むことはありません。ビジネスパートナーは必要かもしれませんが、どのような人と仕事をするのかを選ぶのも自分なので、合わない人と無理に仕事をする必要はなくなります。どんな結果も全て自分が負うことになりますが、責任を持って仕事に取り組むことで、行動力や判断力、決断力などの面でも成長できる部分は多く、仕事もプライベートも主体的に管理できるようになります。
そして、フリーランスのメリットとして忘れてはならないのが収入面です。給与が固定されている会社員とは違い、頑張れば頑張っただけ自分の収入になるフリーランスは、自分次第で収入を増やしていくことができるので、仕事に対するモチベーションも自然と高まります。

フリーランスのデメリット

フリーランスのメリットだけに目を留めれば、いいところばかりに見えるものですが、デメリットももちろんあります。多くの人がまず考えるのは、不安定な収入のことかもしれません。会社員とは違って固定給などはもちろんないので、働かなければお金は入ってきません。ボーナスや退職金もないので、それら全てを含めて長期的な視野で考える必要があるでしょう。有給休暇もないので休めばそれだけ収入を得るチャンスが減ります。社会保険関係は全額自己負担になるので会社員よりも負担は重くなり、労災保険や雇用保険など、雇用されている人が加入できる保険もなくなるので、万が一に備えたいなら余分に蓄えたり民間の保険に加入したりするなど別途費用がかかります。これらのデメリットを解消するためにはそれをカバーできるだけの収入を得なければなりません。また、フリーランスは確定申告を自ら行わなければならないので、本業の仕事と合わせて事務処理を行う手間がかかることを考慮に入れておかなければなりません。

フリーランスのやりがい

フリーランスになると、自由が手に入る一方で大変なことも増えますが、やればやっただけ全て自分に返ってくるので、大きなやりがいを感じることができます。デメリットを考えはじめるとキリがありませんが、フリーランスとしてやっていけるだけの素地があるならば、チャレンジしてみる価値のある働き方です。

当サイトおすすめ記事