フリーランスとの違いは?正社員の良いところ悪いところ

どっちが有利?正社員とフリーランスの違い

おすすめ記事

正社員とフリーランスの違いとは?

正社員とフリーランスの違い、それぞれの良いところと悪いところをわかりやすくご紹介するサイトです。【本サイトお問い合わせ先】

正社員の良いところ悪いところ

正社員とフリーランスの違いを比較すれば、それぞれに良いところがあることがわかるので、どちらの道へ行くかを選択する際にはよく考える必要があります。しかし、社会人の第一歩は正社員としての道をまず選ぶという人がほとんどなので、正社員という立場についてあまり意識しないかもしれません。では、正社員という立場のメリットとデメリットをそれぞれピックアップして比較してみましょう。

正社員の良いところ悪いところ

正社員のメリットとは

正社員のメリットでまず思い浮かぶのは、やはり安定ではないでしょうか。正社員として会社と雇用契約を結んでいれば、毎月安定的に給料を手にすることができます。そうすれば、生活のサイクルも安定するので仕事に集中することができます。また、社会保険や各種手当などの福利厚生には、本人のみならず家族もその対象となるものがあり、仕事中だけでなくプライベートも含めて様々なサポートを受けることができるため、家庭を安定的に維持しやすくなります。会社員の場合、他の社員と役割を分担することが多いので、あらゆることを自分で行うフリーランスとは違い、自分の分野の専門性を高める時間を確保しながらキャリアアップしやすい環境にあります。
また、経験豊富な上司や、自分とは違う個性を持つ同僚などと一緒に仕事をすることによって学べることも多く、正社員として働く経験から得られるものはたくさんあります。

正社員のデメリットとは

正社員のデメリットとしてまず考えられるのが、自由度の低さかもしれません。正社員としてその会社にいる以上、社内での決定や指示に従う義務がまず前提にあるので、自分がやりたいと思っていた仕事とはまるで違うポジションを命じられれば、原則としてはそれに従うしかありません。仕事内容はもちろん、上司や同僚を選ぶことなどももちろんできず、自分が好むと好まざるとにかかわらず、与えられた環境で命じられたことを粛々と行うしかない状況は、場合によっては大きなストレスともなってしまうかもしれません。気力の落ちるままに仕事をしていれば、目に見える結果を出すことも難しくなり、会社からの評価も得られないという負のサイクルに陥る恐れもあります。だからと言って、大きな成果を上げたから大幅に収入が上がるということもなく、会社員として働き続けることが前提ならば、生涯年収はある程度予測できるものになるでしょう。

メリットとデメリットの感じ方は人それぞれ

安定を取りたい人にとって、正社員のメリットは大きいかもしれませんが、自由を優先したい人にとってはデメリットの方が大きく感じられるでしょう。正社員のメリットとデメリットをどう感じるかは、自分がどのような生活を望んでいるのかによって変化するということを念頭に置いておくと考えをまとめやすいかもしれません。

当サイトおすすめ記事