フリーランスに多い職種「ライター」

どっちが有利?正社員とフリーランスの違い

おすすめ記事

正社員とフリーランスの違いとは?

正社員とフリーランスの違い、それぞれの良いところと悪いところをわかりやすくご紹介するサイトです。【本サイトお問い合わせ先】

文字で魅力を伝えるライター

正社員として経験を積んでからフリーランスになるという一般的な流れだけでなく、それ以外にも入り口が多い職種が「ライター」です。インターネットが生活必需品のようになっている今の時代にあっては、紙媒体だけでなくWeb系のライターの需要も増えています。

文字で魅力を伝えるライター

ライターの仕事とは

ライターの仕事を一言で言えば文章を書くことなのですが、ただ好きなように文章を書くだけでなく、言葉という道具を使って人の心に訴える記事を書いたり、わかりやすく情報を伝える記事を書いたりするための技術を要する専門職です。ライターの仕事は、新聞や雑誌、書籍などの紙媒体からWebサイト記事まで仕事はたくさんあります。
出版社などからの依頼を受けて記事を書くライターは、クライアントからの詳細な要望に沿って記事を作成します。案件によっては、インタビューなどの取材へと足を運んだり、入念な調査を行ったりするので、一つの記事を完成させるのに多くの時間を要する場合もあります。最近ではインターネットの急速な普及により、Web媒体記事の需要も増え続けている状況です。

フリーランスのライターになるまで

フリーランスで紙媒体のライターとして活動している人は、出版関係の企業で勤務した経験があることも多く、記事作成のノウハウをしっかり持って活動しています。どんな内容でも対応できるマルチなライターもいれば、専門分野に特化したライターもいます。
もともとはライターではなかったような人でも、個人のブログをきっかけに記事作成の依頼を受けるようになってから、ライター職に転じるケースもあります。
また、Webサイト記事の場合は、紙媒体よりも世に出るまでのスピードが早いこともあり、より多くのライターが必要とされています。そのため、クラウドソーシングなどを活用して副業としてWebライターの仕事をしている人も大勢います。

フリーランスのライターとして成功するためには

何か一つでも自分の得意分野を持っていると、その分野に関しては一般のライターが書くよりも深い内容の記事を書くことができるので、ライターとしては大きな強みになります。凝っている趣味があればその分野でもいいですし、特にないのであれば、新たに関心を持てそうなことや需要の多そうなジャンルを何か見つけて知識をつけておくようにしてもいいでしょう。
ライターの道を選ぶ人は、文章を読んだり書いたりすることが好きなので、書いた記事が人の役に立つのはとても嬉しく感じるものです。そのため、ライター自身が楽しんで記事を書くということは、良い記事を作る上で必要なことなのですが、その向こうには読み手がいるという意識をいつも忘れずに持っておくことが大切です。

当サイトおすすめ記事